瀋陽の観光地
  中国にある有名な観光都市の一つであり、四季も豊かで緑や公園も多く存在し自然豊かな都市でも有名である。ここでは数多く観光地がある中で特に代表的な世界遺産に登録されている3つの観光地を挙げたいと思う。
  瀋陽故宮  
  市の中央に位置する瀋陽故宮は、清朝の初代皇帝ヌル
ハチと2代皇帝ホンタイジにより建立された皇城である。規模
は北京の「故宮」の12分の1の大きさではあるが、300以上の
部屋を持つ70以上の建物が建ち並び、建築様式は漢民族、
満州民族、蒙古民族の様式が融合している。満州族の威厳と
風格が感じられる。敷地内は大きく東、中、西路の3つに分か
れている。2004年に世界文化遺産に登録された。(入場料:
50元)
○アクセス
タクシーで約30元(瀋陽駅から) ※路線バスで1元
  福陵(東陵)・昭陵(北陵)  
  福陵は瀋陽市の東部に位置することから通称「東陵」とも
呼ばれている。清の初代皇帝であるヌルハチの陵墓であり、2004年に世界文化遺産に登録された。松の緑に包まれ、瀋
陽市郊外の保養・行楽地となっている。(入場料:30元)
  昭陵も市の北部に位置することから「北陵」とも呼ばれ、清
の2代目の皇帝であるホンタイジの陵墓であり、清朝の関外
三陵(他の二つは福陵と永陵)で最大の規模と最も完全な造形を保っている。2004年に世界文化遺産に登録された。
(入場料:30元)
○アクセス
東陵:タクシーで約40元(瀋陽駅から) 北陵:タクシーで約35
元(瀋陽駅から)※路線バスもあります。1元
  棋盤山風景区  
  生い茂った森や大きな湖が存在するので癒しの場として利用されている。また夏場は湖でジェットスキーなどが楽しめ、冬はスキー、スノボーが楽しめる。また冬は瀋陽国際氷雪祭りが開催され、札幌の雪祭り以上の規模で開催されている。
All Rights Reserved,Copyright Maple Company.,Ltd